カマグラでED撃退

カマグラの購入方法をご紹介しています。

カマグラの購入方法とは

カマグラは日本では承認されていない薬なので、日本では販売されていません。もちろん病院の処方してもらうこともできません。
なので海外から購入する必要があります。日本では薬事法で問題があっても、個人で海外からカマグラを購入することは認められているので個人輸入で購入する方も増えています。購入の仕方は主に・個人輸入での購入・個人輸入代行サイトがございます。

個人輸入での方法

カマグラの個人輸入については、個人が自分で使用する場合は、薬事法上の許可を受けなくても一定数量以内であれば認められています。自宅で気軽に購入することが出来ますので手間が掛かることもありません。
クリニックに処方してもらう必要もありませんので、恥ずかしい思いをすることもありません。
ですが、その購入される方とやり年をしなければいけないので購入される先の言葉がわからないといけないの、万が一トラブルがあった場合も対応もしないといけないので難儀な部分もありますね。また税関とのやり取りも自身で行わないといけなくなります。

個人輸入代行サイト

個人輸入代行サイトを利用する時は、低価格での配達あるいは無料で配達できます。まとめて購入しておけば、送料は一回分で済みますのであまり費用も掛かりません。
また、日本語しかわからなくても代行のかたが手続きをしてくれるので気長に待つことができます。発送中になにかトラブルが起きても個人輸入代行業者が対応してくれますのでとても安心ですね。

個人輸入代行サイトでしたらとても手間も省けるので代行サイトでのご注文が人気があります。個人輸入を利用して入手する場合は、ネット上の口コミを参考にし、安全性・信頼性の高い業者を利用するようにしましょう。カマグラの効果の信頼度はとても高く、人気があります

カマグラはジェネリックだから安い

カマグラの薬価が安いというのはカマグラがバイアグラのジェネリック医薬品だからです。ジェネリック医薬品というのは、俗にいう後発薬で、先発薬(新薬)の有効成分などが同等に精製されている医薬品です。ジェネリック医薬品は、先発薬を開発する際の特許の効力が切れた時点でマネて精製する事が可能です。
約20年が経過する事で、先発薬の有効成分を配合し、見た目や味に変化を加えて世に売り出します。物によっては形そのものがガラッと変わる事もあります。
先発薬で掛かった費用・時間などは費やする事はないので、ジェネリック医薬品は安いという事になります。カマグラに限らず、病院処方でもジェネリックを推奨しているのがほとんどです。
一般の風邪薬や抗生物質などにもいろいろなジェネリックが推奨される時代になっています。先発薬と同等の効果があり、患者の財布にも優しいので薬を購入する側の目線でもありがたいと言えます。