カマグラでED撃退

カマグラは個人輸入で買う事ができます。

カマグラの個人輸入

需要のあるカマグラは手軽に個人輸入で購入する事ができます。
個人輸入代行サイトも数多くありますが、中でも購入先と直接やり取りをして購入したい方もいますのでそんな時は個人輸入での購入する必要があります。
医薬品を輸入する場合は厚生労働大臣の許可が必要となってきますが、個人でのやり取りに限り、許可はいりません。医薬品の個人輸入は法的に認められており、通販サイトと同じ要領で手軽に医薬品を購入できのです。
海外医薬品は、安い価格で薬を求める方、専門医に相談できないコンプレックスが原因の方色々な方がいますが、今や手軽に簡単に購入できるものなのです。
個人輸入の形としては、購入者自身がカマグラを購入したい販売会社、メーカーなどに注文して、そこから直接購入する方法です。
安い海外から購入される方はたくさんいますので安心して皆様も購入することが出来るのです。

個人輸入とは

外国の製品を個人で使用する目的として海外から商品を直接購入することです。直接購入したい企業や店舗とやり取りを行い注文、購入する必要があります。
国境を越えた形で取り引きを行いますので個人輸入する場合はその国の言語を知っとかないといけません。
。いずれにしても、個人輸入は海外との直接取引きですから、サイズの違い、違う商品が届いた場合など、自分で処理しなければならないという、リスクを負うことも知っておく必要があります。個人輸入には3つのメリットがあります。正規よりも安く入手できる。届けてほしいところまで直接届く。国内にはない商品が入手できる。
個人輸入には3つのデメリットもあります。

  • 不良品などの問題には発送国とやり取りをしないといけないので手間がかかる
  • 商品の性質や取り扱いを、あらかじめ勉強する必要がある。
  • 目で見たり手で触ったりして商品を選べない。

通販と同じシステム

海外から商品を購入するので難しく思われる方もいるかと思いますが...購入の仕方は日本でも有名なAmazonの通販サイトとさほど変わりません。
日本の通販サイトと同じように購入したい商品を選びそこから直接販売業者とやり取りをするだけです。商品を選び→購入→お支払い→商品を到着するのを待つだけなのです。
ただ、税関のお手続きがあるので商品到着までお時間がかかるくらいです。

個人輸入の注意点

海外から医薬品を注文する際にはいくつかの注意点があります。

  • 海外から商品を購入する際個人が使用する目的として考えられていますので税関で個人ではなく複数として輸入していると考えられる場合は個人輸入としてみなされない可能性があります。
  • 友人と一緒に購入・輸入する共同購入は、すでに「個人」という枠から外れていますので商業用として判断をされてしまいます。
  • また海外の方は発送の仕方が日本より慎重に丁寧に扱ってくれるとは限りません。
  • なので梱包に凹みなどがあり届く場合もあります。
  • 発送の中でトラブルが起こっても自己責任になります。
  • 全て購入先と購入された方の問題となりますので日本の消費者センターに話を持ち込んでも対応がされない場合もあります。
  • 購入先と購入された側で話しを解決しなければなりません。