カマグラでED撃退

カマグラの副作用の原因と解決方法をご紹介

カマグラの副作用

カマグラ勃起力を向上させる為、血行を良くする働きがあります。つまり、血液の流れが通常より強くなることからいくつかの副作用が現れます。
カマグラの効果が出始めるのは、カマグラを服用してから約30分~40分くらいです。
※個人差があり、体感も少々異なってきます。カマグラの効果が出始め、効き始めはわりと分かりやすい副作用にあります。
・目の充血・鼻が少し詰まる・ほてり、潮紅(血管拡張作用)・筋肉痛、背部痛・急な血圧の変化・腹痛や吐き気、消化不良(稀な症状)血圧の上昇や吐き気、動悸などがあります。こうした症状が現れた方は服用を止め、副作用の症状が重い場合は医師に相談する必要があります。
用法、用量をしっかり守れば軽度な頭痛や目の充血の症状が現れることが多いようですが、こうした症状は、あまり心配はありません。
これらの副作用はED治療薬のどの薬にも起こりうる副作用です。
副作用がひどくて辛い場合はお薬の量があってない可能性もございますので服用量を減らすことも大切です。

副作用の原因

副作用の症状がみえたら、間違いなく効果が出始めているという事です。
これはカマグラの効果に対する副作用の症状で、この副作用が出ない人も中にはいます。
しかし、副作用がでないから効果がないとうわけではありません。
これも個人差があるので、実際にセックスをすると違いは体感出来きます。
いずれの症状も服用後の一時的なものですので、心配はありませんがそれでも頭痛が気になる方や、胸やけがして気分が悪い方は、ED治療薬であるバイアグラを服用した際に起こる頭痛などの原因は勃起に必要な陰茎海綿体の血管を拡張させることで勃起力を強くするすることができます。
その際に海綿体以外の血管も拡張させる作用が原因で生じる副作用の一つとして「顔のほてり」「目の充血」がどうしても出てしまいます。
血管拡張することにより血圧も約三ほど下がります。
逆に血圧が上がる方もいらっしゃる方もいるみたいです。
また頭痛も血管拡張による影響とされています。

副作用の解決方法

市販の頭痛薬や胃腸薬を一緒に服用して頂いても大丈夫です。頭痛がしてる場合は「ロキソニン錠」などの薬が有効です。
ED治療薬は食前の空腹時に服用すると効果が最大限に発揮できるのに対してロキソニンは胃粘膜を荒らす副作用があるので、空腹時での服用はあまり望まれていません。
胸焼けの場合はED治療薬の副作用に対しては薬局にて売っている「H2ブロッカーのガスター」や「ガスター10」などの薬が有効と言われています。
ED治療薬服用してすぐ胃などの胸焼けの副作用が出る場合はED治療薬と一緒に服用する方が望ましいです。
服容量が多ければ多いほど副作用も発症しやすく効果もすぐにを実感できます。ですが50mgで頭痛や副作用が気になった場合には半分の容量である25mgで試してみるのもありです。